こうゆうかい 

校友会・交友会

 透析医療/災害対策 

当院では、透析医療について以下の災害対策を行っております。

電力
当院は重要インフラ施設(燃料パイプライン)の近傍に位置しておりますので、停電しにくい状況にあります。
充分な発電容量を持つ非常用自家発電装置を設置しており、 2tレベルの燃料備蓄を行っています。また、 定期的に動作確認を行っております。
 水道
大規模工場と同様の井水(地下水をくみ上げる井戸+浄化設備)プラントを有しており、平常時でも大部分井水により運用を行っておりますので、当院内の設備が破壊されない限り、平時と同様に透析医療が行えます。
情報
電子カルテを導入していませんので、停電時においても放射線画像閲覧を除き、平時と概ね同様な医療が行えます。
電子カルテを導入していませんので、マルウェア/ウイルスによる情報漏洩のリスクが低く、ランサムウェアによる被害はあり得ません。
災害用優先電話回線を有しております。
アマチュア無線資格所有者がおり、無線機器を保有しております。