他院で療養中であり、当院に転院をご検討の方は、入院中の医療機関様にご相談下さい。
 医療機関様は、診療情報提供書をご準備のうえ、「看護部長 石飛」または「看護部 山野」までお電話でご連絡をお願い致します。

昨年のデータより3才高年齢化

 

離脱者数は横ばいの傾向

地震などの災害においては、建物倒壊・火災といった直接的な被害に加え、電気・上下水道・ガス・通信・物流といったライフラインへのダメージが想定されます。
人工呼吸器を使用中である患者さんにとっては、たとえ数分間の機器の不作動であっても生命に直結する脅威になり得ます。人工呼吸器の駆動において重要な要素は、以下の二つになります。

①「酸素の供給」:医療ガス室」に置かれた大きな酸素ボンベ内には液体酸素が充填されており、数日に一回業者さんによってボンベの交換が行われます。気化された酸素は、院内に巡らされた「中央配管」を通って各病室の患者さんの元に届けられます。
② 「電力の供給」:院内の人工呼吸器は、平常時は100Vコンセントからの電力供給により作動しています。
 
次に、災害時におけるケース毎に想定される、問題点と対策を述べます。
 

ケースA:「酸素の供給×」「電力の供給○」:「中央配管」における配管は、銅で作られています。銅は柔軟性(延性:弾性の限界を超えても破壊されずに引きのばされる性質)の高い金属であり、地震の揺れや構造の変形があっても、建物自体が倒壊しないのであれば断裂などはまず発生しないとされています。従って、酸素の供給が止まるような事態の発生確率は高くはないと考えています。万一、酸素の供給が止まっても、電力の供給が保たれる限り人工呼吸器は作動し続けます。ただしその場合の投与酸素濃度は室内大気中と同じ21%となりますから、災害発生前から高濃度酸素を使用していない患者さんであれば、呼吸回数や一回換気量等の調整を行うことで大きな問題は生じないと考えられます。災害発生前から高濃度酸素を利用している患者さんについては、運搬可能な酸素ボンベを人工呼吸器に接続することで対応します。

 
ケースB:「酸素の供給○」「電力の供給×」:前提として、「医療ガス室」から「中央配管」を介して各病室の患者さんの元に届けられる酸素は、仮に停電が起きてもそれ自体の圧力により、平常通り供給されます。しかし、電力の供給がなくては人工呼吸器の作動は止まります。実際に停電がおきた場合、人工呼吸器は一台毎に内蔵されたバッテリーにより、数時間は作動することになっています。「ことになっている」と表現したのは、バッテリーは時間と共に劣化し、個体差も大きいため、定期メンテナンスを行っていても数十分で突然バッテリー切れになることがあります。つまり内蔵バッテリーは、「なにかの弾みでコンセントを抜いてしまった」「落雷によりブレーカーが落ちた」等のごく短時間のバックアップにはなり得ますが、長時間の停電に対する備えとしては全く不十分です。停電時には72時間稼働できる非常用発電設備(自家発電機)が起動します。しかしながら2018年に発生した大阪北部地震の国立循環器病センターの例を挙げると、電気・ガス・水道は遮断、非常用発電設備は水没し機能せず、同院は自衛隊に給水車や電源車を依頼しました。人工呼吸器を用いていた50名の患者さんたちは他の病院へと緊急転院になりました。万全の対策をとっている災害医療センターでもこのようなことが起きるのですから非常用発電設備があれば万事問台無しとも言えません。そこで当院は、電力の供給が無くとも、『「中央配管」から供給される酸素の圧力そのもので作動する「簡易的な人工呼吸器」』(スミスメディカル社ニューパックVR1, 写真参照)を、人工呼吸器の台数分(正確には、予備を含め台数以上)だけ用意しています。即ち理論的には、停電の期間が3日であっても10日であっても、酸素の供給が続く限り(人間的に信頼できる医療ガス業者さんとの間で、災害時であっても責任をもって液体酸素の補充を行っていただくよう約束しています)、この「簡易的な人工呼吸器」を用いることで、機械換気(人工呼吸)を続けることが可能です。その他の問題として、停電時には医療用吸引装置が停止します。「吸引の陰圧の発生装置」の駆動には電力が必要である為です。長期に人工呼吸器を利用している患者さんは気管切開を行っており、特に意識状態の悪い方の多くは、定期的な喀痰の吸引を必要とします。当院では停電時に備え、「バッテリー電力で駆動する吸引器」「手動式吸引器」の他に、『中央配管から供給される酸素の圧力そのもので作動する吸引器』を準備しています。
 
ケースC:「酸素の供給×」「電力の供給×」:ケースAに述べた理由から、酸素の供給が止まるような事態の発生確率は高くはないと考えています。非常用発電機が問題無く動作すれば、ケースAと同様に、室内大気中と同じ21%での人工呼吸を行ったり、災害発生前から高濃度酸素を利用している患者さんについては、運搬可能な酸素ボンベを人工呼吸器に接続することで対応しますが、何らかの原因で非常用発電機が動作しない場合は、スタッフの人力で室内気濃度(21%)の酸素を換気しつつ、電力の供給の回復を待つという非常に困難な状況となります。当院では、手動式換気装置(アンビューバック)を人工呼吸器の台数分(正確には、予備を含め台数以上)準備しております(各人工呼吸器の後ろに吊しています)。
 
当院ではこれらのケースを想定し、夜勤専従者を含め、定期的に各装置の使用・運用について訓練を行っています。
 
 VR1
 

 

複数の手段によるバックアップ
・自家発電設備(72時間分の燃料(A重油)を備蓄):工事中
・人工呼吸器に内蔵されるバッテリー
スミスメディカル社ニューパックVR1(人工呼吸器の台数分を準備)
・運搬可能な酸素ボンベ
・手動式換気装置(アンビューバック;人工呼吸器の台数を上回る数を準備)
・可動式吸引器
・手動式吸引器
・酸素の圧力で稼働する吸引器